ドローンの個人用の利用方法と格安価格は?日本の法律規制も紹介!

引用元www.kotaku.jp

引用元www.kotaku.jp



最近では大きな事件として取り上げられた小型無線機ドローンですが、そんな事件もあってか、一般市民にもその名が大きく広まったのではないでしょうか?

なんだか、お洒落で近未来的なラジコンを思わせるような感じで、話題になりつつありますよね。

最近のニュースでは非常に、迷惑な利用を行った方がいたため、ドローンにあまり良くないイメージを持つ方がいるかもしれませんが、
日本では現在様々な実験に使われたりと、非常に優秀な無線機なんです。

そこで今回そんなドローンを個人用に持ちたいという方のために、個人での利用方法と格安での購入価格

そして、日本でも法律規制についてまとめてみました。

スポンサーリンク


個人用での利用方法は?


利用方法は、個人でも法人でも特に変わりはなく、操縦はタブレット型やリモコン型があります。

そして、ラジコンとは違いドローンから見た景色などを写真として撮り残せるので、なんだか自分が空を飛んでいるような気分にもなれるそうです。

他にも、ドローンに物を乗せて配達させたりと用途は様々。

従来のラジコンとは違い、文明も発達したものです。

価格は?


気になる価格は10000円から100000円ほどになります。

格安なドローンは10000円ほどで購入できるので子供の誕生日プレゼントにも最適ですね。

リモコンやコントローラーの有無によって価格に差がついてくるようです。

なんだかまだまだ、一般的に購入を躊躇してしまうイメージのドローンですが、おもちゃを購入する感覚で購入できるので、
気軽な気持ちで購入して大丈夫ですよ!

ちなみに、買える場所はamazonやビッグカメラなどの家電量販店になります。

日本の法律規制は?


さて、問題なのは、ルールや法律規制について。

今回大きな事件があったため曖昧な法律規制の中ドローンを利用するのは躊躇してしまいますよね。

でも、大丈夫。

きちんとしたルールや法律を守れば楽しいおもちゃなので、ここできちんとした法律を学んでおきましょう!

基本的な操作に関するルールや法律は説明書に記載されていますので、少し曖昧な部分を説明します。

荷物の配達は現状厳しい


海外でのドローンといえば、荷物を乗せて配達するイメージがありますよね。

これについては日本では法令が厳しく、事故の危険の非常に高いので現状難しいとされています。

カメラ付きドローンは迷惑防止条例違反になるかも?


カメラ付きドローンについても、撮った写真に人の顔などが写ってしまえば、当然迷惑防止条例違反になるこもあります。

スポンサーリンク


カメラ付きだからいつでもどこでも撮影してもいいというわけではないのでその辺は注意したいですね。

他にも、対人、対物などの事故が起きた場合も罪に問われるので注意してください。

今後はもっと厳しくなる?


ルールや法律について、曖昧だったドローン。

今回の総理大臣官邸の上空でドローンが見つかった事件がきっかけにこれから政府の中でドローンに対する法律の規制がもっと厳しくなるといいます。

当たり前ですよね。

これからは個人のドローンに名前を記載しなければいけなくなるなどの噂もあります。

新ルールが決まれば、その都度ニュースなどでも発表されると思います。

ただ、厳しいルールの中でも悪用をしたり他人に迷惑さえかけなければ、楽しいものなので、きちんとルールを理解して、
遊びたいですよね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ